しろつめ雑貨店 川越 作家のハンドメイドSHOP コンセプト ネットショップ 新着情報 しろつめ雑貨店実店舗地図マップ

しろつめ雑貨店 埼玉県所沢/川越/狭山/ふじみ野/大井/三芳 作家のハンドメイド ブログ

埼玉県所沢市作家モノのセレクトショップ。 しろつめ雑貨店は アクセサリー、大人服、子供服、服飾雑貨、陶器、フラワーアレンジ、アンティーク等を扱う雑貨屋です。

大切な人との出会い



思春期~就職へ、時代の波に揉まれる過程を経て、再び手しごとの熱が自分の中に芽生えたのは第2子を授かった時からでしょうか。
子供を授かる頃までは、ただただ日々をがむしゃらに生きていて、日々の生活をこなすだけで精一杯だった様に思います。
子供が欲しいなと思った気持ちと、日々の生活をもう少し楽しみたい、そんな気持ちの変化から、自然と手を動かし、物を作る事が多くなりました。
上の子の小学校入学も丁度この頃。 入学グッズを作るのが楽しくて楽しくて、手芸屋さんにも良く通ったものです。

そんな日々の中、今もお世話になっている出会いが2つご紹介しようとおもいます。


  1. 2014/02/19(水) 09:50:13|
  2. お店への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての雑貨屋さんとの出会い



昔暮らしていた、実家の最寄り駅。 今は栄えているですが、25年くらい前までは何も無い更地の駅前でした。
そこに駅ビルが建ち始め、出会ったのが、とある雑貨屋さん。
3階建てのショッピングモールの通りに面した、近代的な外観とは裏腹にお店の中は木で包まれた暖かい空間でした。
お店のドアを開けて中に入るとふんわりいい香りに体がつつまれ、それだけでも幸せになれました。

置いてある雑貨は、木のおもちゃ、ティーセット、ふんわり上質なタオル、チェーン店では置いていない様なナチュラルな文房具…等。
どれも温かみを感じる素敵なものばかりでした。
当時まだ小学生でしたが、そのお店の中にいられる事が幸せで、よく通っていた気がします。

今思うと、私の雑貨屋さん好きが始まったのはこのお店のお陰です。
私も訪れた方に作品が持つ温かさを伝え、その温かさを生かす空間を作ることが出来たらと思っています。
そんな想いがお客様に少しでも伝われば…



いよいよ明日から、お客様をお迎えしていきます。

  1. 2014/02/14(金) 09:46:08|
  2. お店への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てづくり好きになるまで *幼少期・ものづくり編*



記憶にある限りで、私の初めての手芸は ビーズ でした。
1冊の本を母に買ってもらって始めたビーズ手芸。
小さなビーズの玉を組み合わせると、とっても可愛い動物やモノがうまれる。
と完成した感動は今でも忘れません。

それからの手芸遍歴といえば、ビーズにはじまり、リリアン、布小物、棒編み、鍵編み、フエルト手芸、造花、紙粘土、かご編み etc.
とにかくモノづくりが好きでした。
モノづくりに没頭している時間がとても多かった子供の頃、いまでもこの モノづくりに没頭 している時間は大切にしています。

  1. 2014/02/12(水) 20:44:25|
  2. お店への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てづくり好きになるまで *幼少期・洋服編*




小さい頃の思い出の洋服は母の手作りワンピース。
我が家にきたばかりのミシンで、母が妹と私の為に色違いの生地で作ってくれました。
嬉しそうにしている母の顔と、沢山の愛情がこもったワンピースを着られる事が自慢でした。

小学校に入ってからはふわふわ広がるスカートがどうしても着たくて、母に頼んで作ってもらう事に。
「いいよ、作ろう。」 と言って貰った時、本当に嬉しくて。
一緒に生地を買いに行き、私の好きな生地を選んで、作って貰ったスカートは今でも色形が鮮明に思い出されます。

こんな幼少期の洋服の思い出。
あまり意識はしていなかったけれど、手作りと共に母の愛情を沢山注いで貰ったのだな、と思い起こして感謝の気持でいっぱいです。 


   お母さん、ありがとう。



  1. 2014/02/11(火) 10:42:52|
  2. お店への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

てづくり好きになるまで *しろつめ雑貨店の原点*



実家の近くは野の花がいっぱい。
田んぼに咲く花や、近くの公園に咲く花。
四季折々の沢山のお花に囲まれて過ごしていました。

日曜日に家族で行く芝生の公園は、春先に沢山のしろつめくさが咲く、家族お気に入りの場所。
しろつめくさを摘んで、花冠にしたり、ブレスレットにしたり。
綺麗な白から、淡いピンク~グリーンにグラデーションしていくお花を見つめながら作る、しろつめくさの花冠が大好きでした。

3~4歳くらいからの思い出でしょうか。
自然でのお花とのふれ合いが、私のものづくり体験の原点でもあったりします。
皆様にもこんな思い出ありませんか?

しろつめ雑貨店 の由来は、そんな ささやかなものづくりを皆様にお届けしたい。
という思いからうまれた名前です。



  1. 2014/02/09(日) 11:39:52|
  2. お店への想い
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ